東京メトロ東西線とは?東西線沿線住むにあたって

東京メトロ東西線とは?東西線沿線住むにあたって

東京メトロ東西線とは?東西線沿線住むにあたって

 

東京メトロ東西線は東京の地下鉄の路線の1つ。

 

「東西線」と名乗っているとおり東から西に走る電車になります。

 

ラインカラーはスカイブルー。

 

東は千葉県の「西船橋」から、西は東京都の「中野」までの30.8キロ。

 

以下の合計「23駅」から成る路線です。

 

  • 中野(なかの)
  • 落合(おちあい)
  • 高田馬場(たかだのばば)
  • 早稲田(わせだ)
  • 神楽坂(かぐらざか)
  • 飯田橋(いいだばし)
  • 九段下(くだんした)
  • 竹橋(たけばし)
  • 大手町(おおてまち)
  • 日本橋(にほんばし)
  • 茅場町(かやばちょう)
  • 門前仲町(もんぜんなかちょう)
  • 木場(きば)
  • 東陽町(とうようちょう)
  • 南砂町(みなみすなまち)
  • 西葛西(にしかさい)
  • 葛西(かさい)
  • 浦安(うらやす)
  • 南行徳(みなみぎょうとく)
  • 行徳(ぎょうとく)
  • 妙典(みょうでん)
  • 原木中山(ばらきなかやま)
  • 西船橋(にしふなばし)

 

1日平均輸送人員は地下鉄の中で最も多い路線。

 

更にJR中央線の三鷹までと、JR総武線の津田沼、東葉高速線の東葉勝田台まで直通運転を行う路線になります。


東西線沿線に住む

 

東西線沿線に住まいを考えるケースのほとんどが、通勤・通学に電車で1本で行けることが理由になります。

 

社会人では、勤務先が「日本橋・大手町周辺」である方が多く、通勤で東西線1本で行ける中野〜飯田橋間が人気。

 

 

また、木場〜西船橋間は家賃が安いことから、ファミリー層が多く住んでいます。

 

大学生では、

 

「早稲田」には早稲田大学、

 

「中野」には明治大学や帝京平成大学、

 

「神楽坂」には東京理科大学などがあることから早稲田〜中野間が人気。

 

家賃が安く通学に便利な木場〜西船橋間も同様に住んでいる方が多くいます。


東西線沿線に住む人々の声

そして、東西線沿線に住まわれている方の声を聞くと、こんな答えが返ってきます。

 

  • とにかく混んでおり、毎朝混雑で電車が遅延する
  • 前に立っている人が血の気を引いて倒れる
  • 西葛西〜西船橋は家賃が安い
  • 地上区間は風が強いと運転見合わせになる
  • 朝のラッシュで南砂町は乗る人も降り人もいない
  • 西船橋と妙典の始発ダイヤがあり、妙典の整列乗車が異常で怖い

 

などなど、あまり良い印象の回答がありませんが・・・

 

 

東西線沿線には住まない方が良いのかな!?

 

・・・と思ったあなた!

 

 

これらの声は「西船橋から中野」方面に住んでいる方の声であって、「中野から西船橋」方面に住んでいる方の声ではないのです。

 

中野から西船橋方面に住んでいる方の声は・・・

 

  • 中野は座れるので通勤天国
  • 神楽坂には美味しいレストランが多い
  • 中野と高田馬場に挟まれた落合は謎にとても静か
  • 高田馬場の金曜日は飲み会で荒れて、翌朝は疲労感が街に漂っている
  • 竹橋は「竹橋〜♪毎日新聞社前です〜♪」とアナウンスされるため毎日新聞のイメージが強い
  • 早稲田には早稲田大学がある

 

「西船橋から中野」方面の声は、電車が異常に混むので生活する上でどうしても、電車の印象が強いのです。

 

一方、「中野から西船橋」方面の声は電車が混まないため街の印象が返ってきます。

 

実は私自身も上京して始めは、東西線の葛西に住んでいましたが、朝の満員電車に耐え切れず1年で引っ越しました。

 

 

そのため、葛西は満員電車の印象が強く残っています。

 

しかしその後は、中野に引っ越して座って通勤できる通勤天国を味わいました。

まとめ

同じ東西線でも西側と東側では全く印象が違うのです。

 

  • そう、東西線は住む駅で全く生活スタイルが変わり印象が違う
  • そのため「電車が混んでいる」の声だけで判断する必要はない

トップページ 東西線沿線のまち情報 東西線グルメ 東西線のマメ知識 新生活を楽しむ商品情報